fc2ブログ

大川で最初の木工機械

今日は大川で初めて導入された木工機械についてお話しましょう。

大正11年に木工機械を導入したのは松本箪笥店の洋家具部でした。
現在は残念ながら営業されていませんが、当時の機械を工場レイアウトそのままに、村上機械さんの資料館に展示されています。

村上機械資料館1

村上機械資料館3

村上機械資料館4

機械だけでなく当時の椅子の仕掛品もありました。当時こんなおしゃれな家具が大川で作られていたことに感動しました。

下の写真は昭和30年代の大川木工産業新聞の広告から

松本洋家具

工場の中にはレールが敷かれトロッコで部材を移動させていたそうです。
なんとそれぞれの機械にモーターは付いていません。大きなモータ一つですべての機械を動かしていました。モーターの回転をベルトでそれぞれの機械に伝えていたのです。そのために工場の上部には平ベルトと伝道プーリーが複雑に配置されています。

詳しくは村上機械の資料館HPをご覧ください。
村上機械木工産業資料館

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

九州オーク

Author:九州オーク
九州の樫の木が大好きなアラ還のおじいさんです。
私の仕事は下記をご覧下さい。

松本意匠

エコデ・プロジェクト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード